湘建

SHOKEN RECRUIT 2020 / 役員インタビュー / 井手 義貴

井手 義貴

Yoshitaka Ide

取締役

STYLE働くスタイル

どのような思いで働いているのか、インタビュー形式でお伝えします。

Q.現在、湘建でどのようなお仕事をされているのですか?

現在は2つの側面があり、一つは営業本部長としての側面です。主に会社全体の数字を作り、社員の育成・教育。もう一つの側面は役員としての重要な会社の戦略、組織に関する意思決定や経営判断を行なっています。

Q.組織ではどのような役割で、どんなことに気をつけていますか?

役割としては、会社が打ち出す方針を紐解き浸透・理解させることです。モチベーションを維持しながら理解してもらう、全社に浸透するよう説得よりも納得した形で伝えられるよう心がけています。

REASON湘建で働く理由

なぜ湘建で働くのか、インタビュー形式でお伝えします。

Q.学生時代は、将来についてどのようなビジョンを持っていましたか?

学生時代は自分で商売をやりたいと漠然と考えていました。業種など具体的にはイメージできてはいませんでしたが、祖父が事業を営んでいたこともあり、家系の影響もあって自然とそう考えるようになっていたのだと思います。

Q.大切にしている考え方やポリシーはありますか?

大切にしているのは「緊張と緩和のバランスを保つこと」です。会社での役割上、人や組織のモチベーションや会社の雰囲気は常に注意を払っています。人も組織も生きものだと私は思っていて、その時々で見せる表情や雰囲気が違ってきます。その変化を常に注意しながら、適度な緊張感を持って会社全体として従業員が良い精神状態で仕事に臨める環境維持を大切にしています。

Q.湘建の強みはどこだと思いますか?

一番の強みは「上層部が1枚岩」になれること。社長と幹部がコミットし仕事やメンバーと向き合えることです。

Q.湘建を一言で例えると?

「縁」です。湘建に集まる人材は縁を大切にすることができます。

Q.最後に、どんな人と一緒に働きたいですか?

向上心、成長したい、変わりたいと本気で思っている人です。その上で仕事を進めていく中で人の気持ちを理解することができる人が更に望ましいです。